瓦屋根防災キャンペーン【埼玉県でリフォームをお考えなら株式会社Y'sHOMEへ!】株式会社ワイズホーム 埼玉・茨城・群馬・千葉・東京・神奈川・関東全域

query_builder 2023/08/01
外壁塗装キッチン屋根工事水回りさいたま市_リフォーム口コミ瓦工事屋根塗装リフォーム株式会社Y’sHOME株式会社ワイズホーム
yane-kyohu-ict

瓦屋根防災キャンペーン


あなたの家の瓦は大丈夫? 新築住宅の瓦屋根の強風対策が義務化!


瓦屋根の住宅にお住まいの皆さん、屋根の強風対策は大丈夫ですか?

令和元年(2019年)に発生した令和元年房総半島台風(台風15号)では住宅の瓦などの屋根材が飛ばされる被害が多数発生しました。

そこで、建築基準法に基づく瓦屋根の留付けの基準が改正され、令和4年(2022年)1月から新築の住宅について全ての瓦の固定が義務化されます。

現在、瓦屋根の住宅にお住まいの場合、屋根の耐風性能を確認し、必要な場合は屋根の強風対策を行いましょう。


1.強風の被害を受けにくい瓦屋根とは?


令和元年(2019年)9月に千葉県に強い台風が上陸し、房総半島南部を中心に住宅の瓦などの屋根材が飛ばされるなどの大きな被害が発生しました。

瓦屋根で被害にあった多くは、瓦が釘などで下地に固定されていませんでした。

一方で、同じ区域でありながらほとんど被害のなかった瓦屋根では、全ての瓦を釘やねじで固定する「ガイドライン工法」(瓦屋根標準設計・施工ガイドラインに準拠した工法)が用いられていました。

この工法は、地震や台風などの自然災害に強い瓦屋根を実現するため、阪神・淡路大震災を経て平成13年(2001年)以降、瓦業界の自主基準として導入が進んできましたが、義務ではありませんでした。

そこで、昨今の台風や地震による大規模な瓦の被害を踏まえ、建築基準法の告示基準が改正され、新築の住宅や建築物に対しては、令和4年(2022年)1月から瓦の留付け方法に関する基準が強化され、全ての瓦の固定が義務化されます

なお、改正後の基準は、増築等する部分の瓦屋根には適用されますが、すでにある住宅や建築物の瓦屋根に直ちに修繕を求めるものではありません。

しかし、瓦の留め付けがない場合は、飛散・脱落の危険性がある事例が数多く存在します。


2.我が家の屋根の瓦は大丈夫?

すでにある建築物の瓦屋根が、日本瓦(粘土瓦)やセメント瓦の場合は、次の項目をチェックしてください。

屋根の上は滑りやすく大変危険ですので、絶対に登らず地上からチェックをお願いします。


チェック項目


平成13年(2001年)より前に建てられた瓦屋根の建築物で、平成13年(2001)年以降に瓦屋根が改修されていない


瓦のずれ、浮き上がりが生じている


瓦が著しく破損している


チェック項目に1つでも該当したら屋根の耐風性や耐震性に難があるかもしれませんので、瓦工事業者による詳しい耐風・耐震診断を受けましょう。

また、チェック項目に該当しない場合であっても、ご心配のある方は瓦工事業者による詳しい耐風・耐震診断を受けましょう。

瓦屋根の診断や工事を依頼する際は、ガイドライン工法に精通した信頼できる工事店などを選ぶことをおすすめします。


3.屋根の防災工事


まず防災工事と聞いて最初にあがるのは葺き替え工事です。

葺き替え工事とは、古い屋根材をすべて撤去してから下地を補修、そして新しく準備した屋根材を取り付けるのが屋根葺き替え。

つまり、「古い屋根をなくして、丸ごと新しい屋根にする」という工事内容です。

葺き替え工事は、使う屋根材によっては屋根の重さもかなり軽くなりますし、ビスで止められている為、風害に強く、耐震製も優れています。

耐風、耐震製で最も優れているのが、この葺き替え工事でしょう。


そういった防災工事ですが、葺き替え工事にもデメリットがあります。

それは何といってもその金額の高さです!

勿論防災工事としては申し分ないですが、既存の屋根材の撤去、処分、新しい屋根材の金額、足場や施工費、かなりの金額が掛かってしまいます。

防災工事をしたくて葺き替えの見積もりをとったけれど金額を聞いて諦めたという方も多いのではないでしょうか?


しかし、防災工事の義務化が行われるくらい最近地震や台風が多くなっているのも事実です。


「今のままでは怖いけれど、そんなにお金はかけたくない・・・」


そんな方に、弊社ではラバーロック工事(瓦止め工事)をオススメしています。

ラバーロック工事(瓦止め工事)とは、瓦を一枚一枚専用のボンド材を使い固定する工事です。

そうすることで瓦をずれにくくし、風害などによる瓦の飛散や、地震などによるぐしの崩れなどを未然に防ぐことができます。

新しい屋根材にそっくりかえる葺き替え工事などが最も効果的ではありますが、そういった工事は費用がかさんでしまいます。

そういった工事に比べ、ラバーロック工事(瓦止め工事)は低予算で防災工事の施工が可能です。


そんなラバーロック工事(瓦止め工事)を今回、瓦屋根防災キャンペーンとして通常のお値段より更にお安くやらせていただきます。

30棟限定ですので気になった方は、まずは株式会社ワイズホームまでお気軽にお問い合わせください。


弊社では、ガイドライン工法を標準工事としています。


現地での点検、お見積り、ご相談、すべて無料で承っておりますので、お気軽に048-796-8753までお問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------

株式会社Y'sHOME

住所:埼玉県さいたま市北区別所町52-10-B102

電話番号:048-796-8753

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG