外壁塗装を行うタイミングについて【埼玉県でリフォームをお考えなら株式会社Y'sHOMEへ!】株式会社ワイズホーム 埼玉・茨城・群馬・千葉・東京・神奈川・関東全域

query_builder 2022/03/14
外壁塗装さいたま市_リフォーム口コミ株式会社Y’sHOME株式会社ワイズホーム
IMG_6486

【外壁塗装を行うタイミング】


今回は、外壁塗装を行うタイミングについてご説明させていただきます。

外壁塗装を行うタイミングの目安は、基本的に約10年の周期で行った方がいいと言われています。

では、なぜ10年の周期で塗装のメンテナンスを行う必要があるかというと、現在日本の住宅の約80%を占めると言われている、窯業系(ようぎょうけい)サイディングボード。 その窯業系サイディングボードは主成分がセメントのため、元々防水性能は全くありません。 そのため工場出荷時に塗装を行い、防水性を持たせていますが、その防水性能も5~7年で切れてしまいます。 その他の殆どの外壁材も同様の年数で最初の防水性が切れてしまうため、 目安として 「10年に一度の周期で定期的にメンテナンスを行いましょう」 と、言われています。

しかし、定期的なメンテナンスと言っても、外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要なのか、分からない方も多いのではないでしょうか。 そのような方の為に、外壁の劣化を、進行状況の順にお伝えいたします。


①外壁が色あせてきている

新築時や塗装の直後にくらべ外壁の色が薄くなってきている。

これは、劣化の初期段階です。


②手で触れた際に外壁の色が手につく

このことを「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、雨風などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものです。

このチョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがありますので、早めのメンテナンスが必要です。


③壁にひび割れ(クラック)が起こる

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。 クラックの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと言います。

クラックを放置しておくと、そこから雨水が浸入し、カビなどの原因や住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがある為、クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。


この様な症状を見逃さない為にも、定期的な点検及びメンテナンスをしっかりとした専門の業者に依頼しましょう。

弊社では、屋根や外壁塗装のほか瓦工事、防水工事、内装工事等、リフォーム全般の工事を取り扱っております。現地での点検、お見積り、ご相談、すべて無料で承っておりますので、お気軽に048-796-8753までお問い合わせください。


次回は、【屋根塗装で使用する塗料の種類や特徴】について詳しく解説させていただきます。

----------------------------------------------------------------------

株式会社Y'sHOME

住所:埼玉県さいたま市北区別所町52-10-B102

電話番号:048-796-8753

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG