浴室のリフォームについて 1⃣【埼玉県でリフォームをお考えなら株式会社Y'sHOMEへ!】埼玉・茨城・群馬・栃木・千葉・神奈川・東京・関東全域

query_builder 2022/06/20
水回りさいたま市_リフォーム口コミリフォーム株式会社Y’sHOME株式会社ワイズホーム
23715839_m

浴室リフォームのポイントや注意点 1⃣


家の中で事故が多い場所が「浴室」です。使いづらい危険な浴室環境は健康に悪影響をもたすでしょう。

事故が起きる前に浴室を快適な空間にリフォームしてください。

浴室リフォームをする前に、 ポイントや注意点、リフォーム業者の選び方について知ることが大切です。

基礎知識を身につけておけば、リフォームの失敗を防ぐことができます。

今回は、浴室のリフォームをする際のおさえておきたいポイントを詳しく解説させていただきます。


1. 浴室リフォームのポイント


お風呂場は大切なリラックス空間です。

長年使用してきた古い浴室から新しい浴室にリフォームすると、気持ちも自然とスッキリします。

リフォームで失敗しないためにも、浴室リフォームのポイントをしっかりとおさえておきましょう。


① 快適な浴室にするための「浴槽」と「洗い場」


浴室に必要不可欠なのが「浴槽」と「洗い場」です。

浴槽にもさまざまな形・デザイン・大きさがあります。

浴槽を選ぶ際に気をつけてほしいのは“大きさ”です。

手足を十分に伸ばすことができるかどうか、浴槽に入ってリラックスできるかどうか確認してください。

また、体を洗う洗い場の大きさも考慮しなければなりません。 狭い浴室はリラックスできなくなります。

浴槽がリラックスできる大きさだとしても、洗い場が狭ければ不便さを感じるでしょう。 浴室全体の広さをふまえたうえで浴槽と洗い場の大きさを考えてください。

一般的に、システムバスの一戸建て住宅は0.75坪タイプ、1坪タイプ、1.25坪タイプから選択することになります。


② ヒートショックなど「安全対策」に注目する


浴室の事故で多いのが“ヒートショック”です。

ヒートショックは脱衣所と浴室の温度差で発生する事故になります。 温度差によって血圧が上昇し倒れる人が多いのです。

特に、高齢者の人に多いので一緒に生活している人は注意してください。

ヒートショック対策のために、浴槽の保温性や断熱材の導入、暖房機能など工夫が必要です。

また、浴室の床をすべりにくい素材にする、浴槽と洗い場の間に手すりを設置する、出入り口の段差をなくすなど徹底してください。

たとえ、高齢者と生活していない家庭でも将来を考えたうえで浴室リフォームを計画していきましょう。

快適な浴室にするためにも、浴室の設備を知ることが大切ですね。


③ 「掃除」しやすいお風呂にする


お風呂は使うたびに掃除をするのが基本です。

浴室リフォームをする際、“掃除のしやすさ”が大切なポイントになります。

水を使うお風呂場はカビが生えやすい場所です。

こまめに換気をして風とおしをよくしていかなければなりません。

換気をしなければ、カビや水あかがたくさん発生するでしょう。

掃除しにくい浴室にリフォームしてしまうと後で困ります。

よって、“掃除しやすい”浴室にリフォームしなければなりません。

抗菌処理や防カビ対策を徹底しているかどうか、お風呂全体が見渡せるかどうかが大切です。

お風呂のデザインにばかり気をとられては逆効果になります。

以上のように、家庭のライフスタイルや人数はもちろん、掃除のしやすさ、安全対策を考えてのリフォーム計画を立てましょう。



浴室リフォームのポイントや注意点 2⃣


弊社では、トイレやキッチンやお風呂のリフォーム、外壁塗装やサイディングの工事、瓦工事、屋根工事、防水工事、内装工事等、リフォーム全般の工事を取り扱っております。現地での点検、お見積り、ご相談、すべて無料で承っておりますので、お気軽に048-796-8753までお問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------

株式会社Y'sHOME

住所:埼玉県さいたま市北区別所町52-10-B102

電話番号:048-796-8753

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG